MENU

車両保険は入るべきなの?

車両保険は入るべきなのかどうなのでしょうか。
当サイトでは万が一の事故が起こってしまったばあいどのくらいの慰謝料や請求をされるのか自分や相手の車の修理費用はどれくらいかかるのか。など車両保険の必要性について紹介しています。

 

自動車事故に備えるために存在する車両保険。この保険には、強制保険と任意保険の大きく2種類があります。

 

 

 

まず、強制が強制されているが自動車賠償責任保険(自賠責保険)です。公的な保険で、事故が起こってしまった場合に、最低限度の損害賠償を保障する内容となっています。自動車事故において、加害者側への損害賠償額は高額となってしまうケースが多数あり、そうなってしまった場合、加害者側に支払い能力がなければ、被害者側は補償を受けることができません。そうならないよう、被害者を保護するという観点から作られた制度です。未加入で走行した場合には免許停止処分などの罰則があります。

 

 

 

これに対し、自動車の所有者が必要に応じて加入できるのが任意保険です。自動車事故の損害賠償額は高額となることがあるため、補償額に上限がある自賠責保険では足りなくなってしまうこともあるのです。そういった際の負担に備えて加入しておくのが任意保険です。

 

 

 

では任意保険にはどういったものがあるのでしょうか。

 

 

 

任意保険でまず挙げられるが対人賠償保険です。歩行している人や、相手の車に乗っていた人がをケガや死亡した際のみならず、自分の車に乗車していた人も対象となります。しかし被害者は他人である必要があり、本人、親、子、配偶者は補償の対象とはなりません。

 

 

 

次に挙げられるのが対物賠償保険です。交通事故を起こした際に、他人のモノに損害を与えてしまったり、賠償責任を負ったときのための保険です。対物事故は、事故となって壊してしまったモノの修理代だけではなく、間接的に発生する損害についても請求されます。例えば、バスやタクシーと衝突した場合、事故にならなければ上げていたであろう利益についても賠償金として支払わなければならないということです。事故の内容によっては賠償額もかなり高額になることが容易に想像できます。そういった状況に備えるのが対物賠償保険です。

 

 

 

上記以外でも任意保険は多数存在します。1998年に車両保険の自由化が認められて、各社多様な保険商品を提供しています。任意保険の加入検討の際は、補償内容のみならず支払基準についても確認しておきたいところです。